(株)117 グループ 50 周年記念事業セミナー

6月12日(日)(株)117 グループ 50 周年記念事業セミナーといたしまして、「子供・孫との接し方 子どもの叱り方セミナー」をテーマにお話させていただきました。  

定員を超えるたくさんの皆様にご参加いただき、誠にありがとうございました。 

子どもと関わるとき、また自分以外の人との関わりで悩んだときに、ひとつでもヒントにしていただけたらと思います。 

セミナーで大変ご協力をいただきました(株)117の皆さま、心より感謝申し上げます。

 

~参加者のみなさまのご感想を一部ご紹介~ 

  • 改善しようと叱ってきたことが、そうではないと認識しました。これからは、思い出したときに意識して、考える場を作り、引き出す努力をして行こうと思います。気づけてよかったです。受講する前は、正直ありきたりの講座だろうと思っていましたが、自分がしてきたことを客観的に見ることが出来てよかったです。
  • 毎日、自分の感情で怒っていたなぁと反省しました。小学5 年生の息子は、自分の思っていることをうまく話せないのですが、おさえつけているのかなと考えさせられました。
  • 本日はありがとうございました。孫への接し方を勉強させていただきました。今後は孫を認め互いに守れるルールを話し合いたい。
  • 育児書を読んで理解していても行動するのは難しく・・・。 改めてやってみようと思いました。
  • 子どもだけでなく、人間関係のコミュニケーションとしても役立つ内容でした。今後の生活に取り込んで、少しでも上手に叱れるようになりたいです。
  • 子どもが、高1、中 2、小5ですが、もっと早い時期にお話をうかがえていたら、もっと違う関り方ができたと思う。認める言葉、その人同士でないと分からないような細かな部分を知っていてくれていると安心できて、素直になれることが良く解りました。
  • これから先の事として、子供との接し方について大変参考になりました。
  • 小3の息子と小2の娘がいます。聞いていて自分に当てはまることばかりでした。でもまずは自分が変わることが一番だと思いました。すぐにでも実践したいと思う内容でしたので、今日からやってみようと思います。

(講師:菅野美樹)

NPO法人マザーズサポーター協会HOME