福岡・叱り方検定

6月6日(土)に福岡で2回目の「叱り方検定」を実施しました。

日ごろ部下の指導や社内の人間関係、また子育ての場でもどのように関わればよいのか・・・と少しお悩みの方々が参加して下さいました。

 

この検定は最初にロールプレイを交えて体験していただくミニセミナーがあります。「感情で怒る」「理詰めで説教する」という効果的ではない関わりの場面では、日ごろついついやってしまっていることを改めて体験することで、「怒られている側」の気持ちがわかり「はぁ~~これは苦しいわ・・・」とあちこちで反省の声が聞かれました。

 

ただ、どのような関わり方でも、上司も親も「叱る」時には、相手に「行動を改めてもらいたい」という思いに変わりはありません。

 

そのために「本人が冷静に今の自分を自覚し、方向性を間違わず、主体的に行動を変える」という「叱る」目的に向かうための効果的な関わり方を、ロールプレイで実践していくうちに、受講者の皆さんの笑顔が増えていったのが、とても印象的でした。

 

・実践していくには、まだまだ難しいと感じることはありますが、とにかくやってみます

・考えさせられることがたくさんありました

・反省だらけですが、大事なのはこれからですね・・・

・もっともっといろいろなことを学びたいです

 

等々の感想をいただきました。

 

ご参加のみなさま、どうもありがとうございまいした。

 

(講師:喜田 菜穂子 / 文責:山本 伸子)

NPO法人マザーズサポーター協会HOME